ウォーターサーバー便利です

7年ほど前に初めてウォーターサーバー使い始めました。

 

初めて見かけたのは職場の事務所です。

 

お茶の時間帯にいちいちお湯を沸かして、ポットに入れてというそれまでの作業が一気になくなりました。

 

ウォーターサーバーの手前に紅茶のティーパックや、コーヒを用意しておけば各自飲みたい時にいつでもお茶が飲める手軽さがありがたいです。

 

その分自分の仕事に集中できますので、本当に助かります。

 

ウォーターサーバーを設置する前は水道に簡易な浄水器を取り付けて飲み水にしていたのですが、ウォーターサーバーのお水のほうが安心して飲めます。

 

事務所にウォーターボトルを持ってきていただけるのも魅力的です。

 

最近は個人の家でもウォーターサーバーを置いている家も多くなっています。

 

ウォーターサーバーがあるメリットは急なお客さんが来た時に慌ててお湯を沸かすこともなく、気軽にコーヒーを飲んでいってもらえるのがいいなあと思っています。

 

最近は健康のために白湯を飲む方も増えているので、その点でも使いやすいと思っています。

 

スーパーに行ってミネラルウォーターを自分で買うこともできますが、なにせ重いですし、手間暇と値段を考えると、ウォーターサーバーが一台あったほうが便利だと思います。

 

都会の水道水が飲めずウォーターサーバー導入!

 

世界中を見渡しても、水道水を直接飲める国はごく少数ですよね。

 

でも、日本中どこでも水道水が同じクオリティとは限りません。

 

我が家は転勤による引越しが多く色々な場所に住みましたが、私が子どもの頃は東北地方に住んでいました。

 

秋田が最も長く、次に山形です。

 

この二県は言わずと知れた米どころ・酒どころ。

 

そして米どころの必須条件は、水がきれいで美味しいことにほかなりません。

 

つまり私は「蛇口をひねれば美味しい水が出る」のが当たり前の環境で育ったのです。

 

しかし大学・社会人生活を東京や大阪といった大都市で過ごすと、これは全く当たり前のことではないのに気付きました。

 

水道水が不味いのです。

 

今は改善されつつあるのかもしれませんが、二十年ほど前には臭いとさえ感じました。

 

今でも都会では水道水を飲む気になれず、ついに先日、ウォーターサーバーを家に迎えた次第です。

 

そしてまず感じたのが「もっと早く導入すれば良かった!」ということ。

 

エア・ウォーターという会社のサーバーを使っているのですが、宅配されるのは北アルプスの天然水で、これが目をみはるほど美味しいのです!モンドセレクションで金賞を獲ったというのも納得の品質。

 

家で淹れるお茶の味も、まるで高級茶葉を使っているかのように激変しました。

 

また、ウォーターサーバーからは熱湯もサーブできるので、お湯をわかす手間も省けます。

 

もう二度とこれがない生活には戻れそうもありません。