ウォーターサーバー選びの大事な点

初めてウォーターサーバーを選ぶ時には注意しなければいけない点が幾つかあります。

 

特に一人暮らしだったり、少人数の家庭にウォーターサーバーを設置する時は特に注意です。

 

私はそれで色々と失敗をしてしまった経験があるので、私のようにならない為にも注意点を書きたいと思います。

 

まず、ボトルのサイズについてです。

 

ボトルのサイズは小さいものを選ぶようにして下さい。

 

水も賞味期限がありますし飲みきるのが大変です。

 

あとはボトルを入れ替えるときサイズが大きいと大変です。

 

特に女性や高齢者の方の場合は使いきりの小さめのボトルパックを買うのをお勧めします。

 

それか足元でボトルをスライドして交換できるものもあるのでそちらをお勧め。

 

水が何リットルも入ったボトルを入れ替えるのは力仕事になりますし怪我の恐れもあります。

 

次の注意点は、水の利用ノルマを確認することです。

 

ウォーターサーバーには水の利用ノルマがある会社もあります。

 

もしも利用ノルマ分を飲みきれなかった場合は利用料金が加算されてしまうペナルティが起きる場合があります。

 

一人暮らしや少人数の家庭の場合は飲みきるのが大変なのでノルマの無いものや、ノルマの軽いものにする事をお勧めします。

生まれてから大きくなってもずっと使えるウォーターサーバー

 

赤ちゃんが生まれたら母親が一番気を遣うのはやはり水ではないでしょうか。

 

きれいな水はまだ免疫の少ない赤ちゃんを健やかにそして安心して育てるための大切なものです。

 

なのでももうすぐ赤ちゃんが生まれる、またはまだ生まれて間もない赤ちゃんがいる家庭ならおいしい水だけではなくて安心して使える水を用意しておくといいでしょう。

 

それでは安心して使える水というとどういうものかですが、やはり安心して飲むことができる水源地でとった水、そして安心して使えることができるメーカーのものが一番ではないでしょうか。

 

といういうときにまずウォーターサーバーを考えてみましょう。

 

なぜウォーターサーバーなのかというと、小さな規模のスーパーやコンビニでは同じブランドやメーカーの水を揃えることは一苦労です。

 

ですから安心して使える水を大量に用意できるウォーターサーバーを使う方がけっこう効率がいいのです。

 

それはなぜかというとウォーターサーバーでは宅配で新しい水を届けてくれるうれしいサービスがあります。

 

これを利用すれば使いたい水を切らしてしまっているという事態を徹底的に防ぐことができます。

 

ウォーターサーバーがあれば赤ちゃんがいる家庭なら大助かりで、大きくなるまで大きくなっても手放すことはできないずっと使える安心して飲める水を手に入れられます。